毎日、毎日、ドタバタで、雫を保護してから1ヶ月が過ぎていたのを今気づいた

お気に入りの場所を取られたと猛アピール

トロワおじちゃんが手加減してくれるのをいい事に、しつこく喧嘩ごっこを仕掛ける

遊んでほしくてちょっかい出しているけど、そのうち怒られるよ

潰す前に、トロワや雫を遊ばせてからと思っていたら、はなが使っていた。入れたんだね

カトルの巻尻尾がクルクルするので、いたずらしたくてしかたないの。怒られるよ

TwitterでもTumblrでもRedditでも、保護仔猫はオッサンにベッタリなのは何故なのか。
はなが反対側で拗ねているの。
最近は重いからとパパさんに膝に乗るのを拒まれ、大好きななパパさんの膝をカトルに取られて機嫌が悪かったところへ、今度は雫にもパパさんの膝を取られたから

暴れまわって結膜炎の目薬がさせないので、飲み薬にしてもらった。目薬はみんなこぼれて残っていないぐらい暴れっぷり。お医者さんへ向かうキャリーバッグの中でも暴れまくって、猫壱の折り畳みのキャリーバッグが壊れる、ネット部分が破れそうな勢いだった。帰りは大人しかったけど。
あと、保護した当初はシャムとかタイの血が入っているのかと思ったけど、毛足が長いのでラグドールの血が入っているのかもしれない

雫は、トロワを追いかけ回したり、猫じゃらしごとキャリーバッグに入って激しく遊んだりしていせいか、右目の結膜炎が一向に良くならない

なんか変な軟体動物と化していた雫を笑いをこらえながら撮っていたら、なんでも一番じゃないと気がすまないはなが間に入ってきた

全力で走り回る雫にアタックされたカトルが、雫に抱え込みキック炸裂。雫は応戦。体格差が3倍以上あるカトルに対して、雫はへっちゃら。その後も雫はカトルを怖がる事がなく、カトルは雫を嫌がる事なく近くで過ごしている

夕方、雫の右目が少し腫れ、目やにが多くなっていたのでお医者さんに行ってきた。軽い結膜炎で目薬を処方されて帰ってきた。体重は950gと順調に増えている。猫風邪の症状が重かった9年前のちょうど今頃のはなは840gだったので、体重だけで言えば元気に育っている

程よくエアコンの風が当たる、一番良い場所でヘソ天中

猫じゃらし二刀流でトロワと雫の相手をし、やっと大人しくなったところ

ただの光の加減かもしれないけれど、左目の痣模様が濃くなっているような。。。

Show more
ChinoBlog@Mastodon

ChinoBlog 管理人専用Mastodonです。